ONE RR-E RAGA Electric Start

セル付きレーシングマシン アップデート

※2022モデルは完売いたしました。2023モデル発表をお待ち下さい。

エンジンのON/OFFが多いトライアルだからこそセルスターターの存在意義があると、ジョルディ・タレスは考えます。疲れていても、足場が悪くてもセルスタートでエンジンはすぐ始動し、体力温存に有利です。この安心感が最後まで集中力を欠かすことのできないトライアル競技に必要だったからです。想像してみてください。1レースで何回キックスタートしていますか?セルスターターは体重の軽い人や体力に自信のない方のためだけの装備ではありません。エキスパートライダーでも必ず次のレベルに導くトライアル界最新のスーパーウェポンです。重要な局面での体力温存ができて、車重67kgのセル付き、クラス最軽量級車重65kgのセル無し、あなたならどちらを選びますか?

・ステアリングヘッド角度を変更し、敏捷性、ハンドリングが向上。また、熱処理工程と組み立て寸法を改善し、素材のストレスを軽減に成功しました。TRRSの革新的なアルミ鍛造フレームは最適な剛性バランスで比類のないハンドリングとなりました。

・アンダーガード内のゴムが改良され、クランクケースの保護力がアップしました。トライアルで起こりうる衝撃に対する抵抗力を大幅に高めました。

・フィルターボックス内の排水フラップが改良されました。マディコンディションでも安心です。エアフィルタースプリングも改良され整備性がアップしています。

・フロントフォークのボトムケースはトリプルクランプと同色のブラックアルマイトが施され、統一感を強めています。

・ブランドのアイデンティティを強化するノベルティとして、スロットルカバーとキルスイッチ用ストラップには、TRRSファクトリーロゴが付いています。

・電装は、レギュレーターコネクタ用の新しいプロテクターが取り付けられており、水や泥に対する保護が向上しています。このレギュレーターシステムは、効率的なØ134mmラジエターファンとともに信頼性の高い電子温度センサーによって安定した冷却を供給します。

・リアショックダンピングシステムは、強化されたボールジョイントが追加され、耐久性がアップしています。遊び、がたつきが減少します。

・エキゾーストシステムでは、鍛造のサポートブラケットを使用し、耐久性を大幅に向上。

・ホワイトハブ、ブラックアルマイトリムは、バイクの新しいデザインと組み合わされている重要なポイントです。

・新しいグラフィックは、レースの最高レベルに相応しい戦闘的でエレガントなカラーリングです。

・製造精度が向上され、組み立てストレスの軽減、全体的な強度アップが図られたアルミインジェクションクランクケース。

・オイルフィラーキャップとキックスターターブッシュがレッドアルマイトに変わります。

・マグネットフライホイールは構成を変更し、低回転でのトルクを増加させ、安定した電力供給を実現します。

・GOLDモデルですでに採用されているものと同じく、バッテリーからスターターモーターへのケーブル配線がアップデートしました。 スターターモーターも再設計され、フィッティングが改善しました。

・セル付き車のチョークレバー操作を容易にするため、専用のチョークプラーを装備しました。

希望小売価格:250/300cc 1,058,000円(税込1,163,800円)

※価格、仕様は予告なく変更する場合がございます。送料は別途必要です。

※2021年11月11日現在 ※セル無しタイプは、ONE RR RAGA RACING のページをご覧ください。

※125、250は無料サービスで汎用保安部品キットが同梱されています。汎用品につき、取り付けには加工が必要です。

※送料は別途必要です。(送料目安 本州で11,000円)

※価格・仕様は予告なく変更する場合がございます。

※実際の車両と発色が異なって見える場合がございます。

※全ての画像、文言の無断転用を禁止いたします。